見ごろ咲きごろ
私が作ってみたい簡単にできるハーブの料理をご紹介しましょう。
ローズマリーでスッキリとさわやかな香りをつけましょう。美味しくなりますよ。
●オリーブと牛肉の煮込み
1.漬け込み用(マリナード)のタマネギ、セロリ、ニンジンをスライスする。ボールに野菜とオリーブ油、白ワイン、タイム、ロリエ、ローズマリー、塩こしょうと牛肉を入れ2時間ほど漬け込む。

2.肉と野菜を取り出し、水気を取りつけ汁は残す。オリーブ油を入れたフライパンを熱し、肉の両面に焼き色を付ける。

3.煮込み鍋にオリーブ油を入れ、野菜を炒めてしんなりさせ、トマトペーストを加える。小麦粉をふりかけ炒める。つけ汁を入れてアルコール分を蒸発させる。

4.フォンドゥヴォーを加え、ブーケガルニ、つぶしたニンニクを入れ、肉がやわらかくなるまで、アクを取りながら、弱火で煮る。肉がやわらかくなったら、ブーケガルニ、ニンニクは取り出す。

5.煮汁はとろっとするまで煮詰める。塩こしょうで味を調え、湯むきしたトマトとオリーブ、肉を入れてあたためる。最後にイタリアンパセリを散らす。

ワインは多めにふりかけると美味しくなります。
●ローズマリー・マリンブルー
R.o.`Marine Blue`

立性、常緑小低木で寒さに強い品種です。花色は濃いブルーで料理、ガーデニング、クラフトなどすべてに適しています。

●ローズマリー・ミスジェサップ
R.o.`Miss jessopp's Upright`

立性、耐寒性が強く生育が早い品種です。花色は青紫色で数多くの花を咲かせます。

●ローズマリー・モーツァルトブルー
R.o.`Mozart blue`

半立性、ローズマリーの中では最も濃い紫色の花を咲かせます。料理の香りづけやハーブバス、ハーブソープの材料にも使われます。

●ローズマリー・レックス
Rosmarius officinalis `Rex`

直立性の大型強健種、葉は太く生け垣に最適なローズマリーです。肉料理の香り付けや、リースなどのクラフトにも使用されます。

●ローズマリー・トスカナブルー
R.o. `Tuscan Blue`

立性、枝はまっすぐ伸び葉は細い割にがっしりとしています。耐寒、耐暑性があり丈夫で育てやすい品種です。花色は薄紫でやや大きめ。料理、ガーデニング、クラフトの全てに適しています。

●ローズマリー・パッション
R.o.`Passion`

立性/半匍匐性  葉はとても短く枝に密集しているのが特徴。花色は淡いブルー、生育初期は半ほふく性、成長するにしたがって立性に変化していきます。