見ごろ咲きごろ
私が作ってみたい簡単にできるハーブの料理をご紹介しましょう。
ローズマリーやセージで香りをつけましょう。美味しくなりますよ。
●ハーブ風味ビーフシチュー
1.牛バラ肉はオリーブオイルを入れたフライパンで両面に焼き色をつけ、別の鍋に移しておく。

2.フライパンでにんじん、タマネギ、セロリを炒め、牛バラ肉の入ってる鍋に加える。パセリの茎、ベイリーフ、ローズマリー、セージ、ポートワインを加えてふたをして2分ほど蒸らす。

3.鍋にトマトケチャップ、デミグラスソース、水を加え、肉がやわらかくなるまで弱火で4時間ほど煮込む。

4.肉を取り出し、残った汁はきれいにこしてソースとして残す。耐熱皿に肉とソースを盛り、温野菜を添えて、オーブンであたためる。

ワインは多めにふりかけると美味しくなります。
●ローズマリー・マリンブルー
R.o.`Marine Blue`

立性、常緑小低木で寒さに強い品種です。花色は濃いブルーで料理、ガーデニング、クラフトなどすべてに適しています。

●ローズマリー・ミスジェサップ
R.o.`Miss jessopp's Upright`

立性、耐寒性が強く生育が早い品種です。花色は青紫色で数多くの花を咲かせます。

●ローズマリー・モーツァルトブルー
R.o.`Mozart blue`

半立性、ローズマリーの中では最も濃い紫色の花を咲かせます。料理の香りづけやハーブバス、ハーブソープの材料にも使われます。

●ローズマリー・レックス
Rosmarius officinalis `Rex`

直立性の大型強健種、葉は太く生け垣に最適なローズマリーです。肉料理の香り付けや、リースなどのクラフトにも使用されます。

●ローズマリー・トスカナブルー
R.o. `Tuscan Blue`

立性、枝はまっすぐ伸び葉は細い割にがっしりとしています。耐寒、耐暑性があり丈夫で育てやすい品種です。花色は薄紫でやや大きめ。料理、ガーデニング、クラフトの全てに適しています。

●ローズマリー・パッション
R.o.`Passion`

立性/半匍匐性  葉はとても短く枝に密集しているのが特徴。花色は淡いブルー、生育初期は半ほふく性、成長するにしたがって立性に変化していきます。