見ごろ咲きごろ
私が作ってみたい簡単にできるハーブの料理をご紹介しましょう。
ハーブときのことバターの美味しい組み合わせです。
●ローズマリー風味ますの包み焼き
1.クッキングペペーパーを15cmくらいに切る。たこ糸を8本用意する。レモンは半分をくし形に、残りはジュースを絞る。

2.ますは塩こしょうしてクッキングペーパーの中央にのせる。ケーパー、しめじ、バターをのせる。

3.レモン汁と白ワイン、しょうゆをかけて、くし形のレモン、ローズマリー、ベイリーフをのせてクッキングペーパーで包み、両端をたこ糸で結ぶ。

4.200度に温めたオーブンで20分焼く。

タラなど白身魚でも美味しい。ディルやフェンネル、タイムでもよく香る。
●ローズマリー・マリンブルー
R.o.`Marine Blue`

立性、常緑小低木で寒さに強い品種です。花色は濃いブルーで料理、ガーデニング、クラフトなどすべてに適しています。

●ローズマリー・ミスジェサップ
R.o.`Miss jessopp's Upright`

立性、耐寒性が強く生育が早い品種です。花色は青紫色で数多くの花を咲かせます。

●ローズマリー・モーツァルトブルー
R.o.`Mozart blue`

半立性、ローズマリーの中では最も濃い紫色の花を咲かせます。料理の香りづけやハーブバス、ハーブソープの材料にも使われます。

●ローズマリー・レックス
Rosmarius officinalis `Rex`

直立性の大型強健種、葉は太く生け垣に最適なローズマリーです。肉料理の香り付けや、リースなどのクラフトにも使用されます。

●ローズマリー・トスカナブルー
R.o. `Tuscan Blue`

立性、枝はまっすぐ伸び葉は細い割にがっしりとしています。耐寒、耐暑性があり丈夫で育てやすい品種です。花色は薄紫でやや大きめ。料理、ガーデニング、クラフトの全てに適しています。

●ローズマリー・パッション
R.o.`Passion`

立性/半匍匐性  葉はとても短く枝に密集しているのが特徴。花色は淡いブルー、生育初期は半ほふく性、成長するにしたがって立性に変化していきます。