見ごろ咲きごろ
私が作ってみたい簡単にできるハーブの料理をご紹介しましょう。
さつまいもとミントとオレンジのサラダです。お子さんも大好きになることまちがい無しです。
●さつまいものミントサラダ
1.さつまいもは皮をむいて食べやすい大きさに切り水にさらす。やわらかく茹でて、ザルに上げ水気をきる。鍋に戻してから煎りし、水分を飛ばす。レモン汁をふりかけて冷ます。オレンジは皮をむいて実を出しておく。

2.ボールにオレンジジュース、レモン汁、マスタード、塩こしょうを入れて泡立て器でかき混ぜる。オリーブ油、ミントの葉はみじん切りにして加えて混ぜる。

3.ボールにさつまいもを和えて、オレンジもつぶさないように混ぜる。れたすを敷いた上に盛りつけ、ミントの葉を飾る。

ドレッシングの半分をヨーグルトに変えても美味しくなる。
●ペパーミント・ブラック
M.×piperita cv

葉からはメンソールの強い香りがします。ハーブティーなどに適しておりミントの中では薬効が高く、最近ではペパーミントに多く含まれるミントポリフェノールが花粉症対策に効果があると言われています。

●パイナップルミント
M.suaveolens `Variegata`

アップルミントの斑入りがパイナップルミントと呼ばれています。パイナップルミントはアップルミントより葉が卵型をしており、ハーブティーやデザート、サラダの飾りつけなどに使用できます。

●スペアミント
M.spicata

葉から香るスッキリとした爽やかな香りはハーブティーやデザート、エスニック料理、美容などさまざまな使い方ができます。

●ケンタッキーカーネルミント
M.×villosa.Huns

スペアミントによく似た香りがします。ハーブティーに使われ、寒さにも比較的強い育てやすい品種です。

●キャンディーミント
M.piperita.cv

その名の通りキャンディーの材料に使用される代表的なハーブ。刺激の強いペパーミントのスッキリ爽やかな後味はなぜか癖になる風味です。

●グレープフルーツミント
M.suaveolens ×piperita`

茎葉が細かい綿毛に覆われています。その葉からはグレープフルーツの香りがしサラダなどに良く利用されます。 。

●キャットミント(ブルー)
Nepeta racemosa

キャットニップの近縁種ですがキャットニップより草丈が低く香りも弱いのが特徴です。茎の先に直径5cm程の紫色の小花が密生し美しい花穂を付けます。ガーデニング以外にも切り花としても楽しむ事が出来ます。