見ごろ咲きごろ
私が作ってみたい簡単にできるハーブの料理をご紹介しましょう。
いちごにラベンダー。ちょっと欲張りなジャムを作ってみましょう。
●ラベンダー風味のいちごジャム
1.ラベンダーの花を鍋に入れてレモン汁を注ぎ、火にかける。レモン汁が足りなかったら水を足す。弱火で煮て、沸騰直前で火を止める。鍋にふたをしてそのまま冷ます。冷めたら汁だけにする。

2.ステンレスの鍋にへたを取ったいちごを入れ、グラニュー糖をふりかけて3時間ほどおき、いちごから水分が出るようにする。

3.いちごの鍋を火にかけて、沸騰までは強火、沸騰したらアクを取りながら弱火で10分ぐらい煮る。レモン汁を混ぜる。

4.ジャムが熱いうちに、熱湯で殺菌した瓶に詰めて、しっかりふたをする。冷蔵庫で保管する。

しっかり殺菌してふたを開けなければ、半年は充分持ちます。
●ボゴング・ラベンダー
L.×intermedia bogong

暑さ、寒さに強く、育てやすい品種です。交配種のラバンジン系の一種で花も良く付き、花期も長いので初めての方にも育てやすい品種です。

●スイート・ラベンダー
Lavandula heterophylla

四季咲き性に近く、耐暑性があります。花茎が長く青紫色の花がつきます。ガーデニング、ハーブティー、アロマセラピーなどに利用されます。

●スーパー・ラベンダー
L.×intermedia super

ラバンディン系の高性種で薄い紫色の花を咲かせます。その香りは甘く爽やかで疲れた体と心をリフレッシュさせてくれます。葉と花を乾燥させハーブバスを楽しんだり、ポプリの材料としても利用出来ます。

●ディリーディリー・ラベンダー
L.×intermedia dilly dilly

生育が旺盛で、綺麗な青紫の花を咲かせます。暑さ、蒸れにも強く育てやすい品種です。鉢植えに適しています。

●デンタータ・ラベンダー
La.dentata

ラベンダーの中では特に育てやすい品種です。クラフト・ガーデニング等の利用に向いており、切花やポプリにも利用できます。

●グロッソ・ラベンダー
L.×intermedia grosso

グロッソとはこのラベンダーを作った人の名前です。交配種のラバンジン系ラベンダーの仲間で人気のある品種です。花も大きく、その香りは強く ポプリにすると長く楽しめます。寒さにも強く育てやすい品種です。

●レース・ラベンダー(ピナータ)
L.pterostoechas

ファーン・ラベンダーまたはムルチフィーダ・ラベンダーとも言います。生長が早く、四季咲き。葉にはシダのような深い切れ込みと毛があり、長い花茎の先に青紫色の花をつけます。