見ごろ咲きごろ
私が作ってみたい簡単にできるハーブの料理をご紹介しましょう。
チャービルやチャイブ、イタリアンパセリを使っていつものじゃがいもを変身させましょう。
●インゲンとじゃがいものハーブ風味
1.タラゴンビネガー、玉ねぎ、塩を混ぜてドレッシングを作り、しばらく置いて塩を馴染ませる。

2.じゃがいもは皮ごと茹でて、熱いうちに皮をむいて、食べやすく切る。

3.じゃがいもが熱いうちにドレッシングをかけてそのまま冷やす。

4.インゲンを熱湯で茹で、半分の大きさに切る。

5.残りのドレッシングにフィヌゼルブとオリーブオイルを加えてよく混ぜ、じゃがいもとインゲンを加えてよく和える。皿に盛り、黒オリーブを散らす。

ハーブをたっぷり使うことで、爽やかな味になります。
●チャービル
●Anthriscus cerefolium

セリ科 1年草
原産地 ロシア南部 アジア南部
花色 ホワイト
草丈 20~50cm
開花期6~7月