見ごろ咲きごろ
私が作ってみたい簡単にできるハーブの料理をご紹介しましょう。
オレガノもシソ科の植物。料理にいろいろ使えますね。少し混ぜ合わせれば、新しい味の発見です。
●オレガノ風味ライスボール
1.温かいごはんに溶き卵、トマトピュレ、塩、こしょう、オレガノ、パルミジャーノチーズを加えて混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やす。

2.手をぬらして、ごはんをピンポン玉ぐらいの大きさに丸める。皿にパン粉を広げてころがしてパン粉を全体にまぶして軽く押さえる。

3.揚げ油を170度に熱して、パン粉付きごはんを入れて、カラッとするまで2分ほど揚げる。揚げすぎると固くなるので注意する。

オレガノは 手でもんで入れると香りが広がって、もっと美味しくなります。
●オレガノ
●Origanum vulgare

シソ科 多年草
原産地 ヨーロッパ 西アジア
花色 ピンク
草丈 60~80cm

肥沃な土壌、日当たりの良い場所で育てます。開花期は6月~9月。

●オレガノ イタリアン
●O.×majoricum

シソ科 多年草
原産地 ヨーロッパ 西アジア
花色 ホワイト
草丈 20~60cm

茎と葉にミントに似た香りがあり、肉やチーズ料理の風味づけに多用されます。トマトとの相性も良くイタリア料理に良く使われています。

●オレガノ ゴールデン
●O.v.`Aureum`

シソ科 多年草
原産地 ヨーロッパ 西アジア
花色 ピンク
草丈 70~90cm

葉が黄色みを帯びた品種でオレガノ同様、生または乾燥して料理の香りづけに利用されます。

●オレガノ カントリークリーム
●Origanum vulgare 'Gold Tip'

シソ科 多年草
原産地 ヨーロッパ 西アジア
花色 ピンク
草丈 50~80cm

葉には甘くてスパイシーな香りが強く、肉料理やトマトソースなどに合い消化作用がある。柔らかな黄色の葉が美しく花壇の縁取りをすると際立つ。